2018年9月16日更新
【セミナー・イベント】, 【防災備蓄】

災害時の備蓄、どれぐらいあればいいの?

地震やら集中豪雨やら、災害への備えが気になっていました。

ということで、先日、プラスコンフォートさん主催の「骨美人と防災備蓄収納」講座に参加しました。

午前:骨美人になってはつらつシニアライフを目指そう!(講師:高田明美さん)

午後:防災備蓄収納(講師:三原麻弓さん)

近くのカフェでの開催ということもあり、朝からお勉強してきました。

 

さて、防災備蓄をどれぐらい揃えたらいいのか。

今のわが家の備蓄じゃ足りないだろうと思っていましたが、

想像以上に全然足りなかった(^_^;)

 

防災備蓄、食べ物・飲み物については、最低3〜7日分です!

もちろん、絶対にこれだけ揃えなければならない、という訳ではありません。

自分が安心できればいい。ただ、少なすぎるといざという時役に立たない。

けれども、食品には賞味期限がある。

日々食材の賞味期限と闘うわたしとしては、管理できるのか不安がよぎりました。

とは言え、三原先生の「献立を考えるように備蓄する」というのは、発見でした。

組み合わせを考えながら、缶やレトルトなどを選ぶ。セット売りしている備蓄って、買うのは簡単だけど、高いし、実際食べるとなると、全然魅力的じゃない。非常時に贅沢なことは言えませんが、でも、食事って大事。がんばろう!とか前向きな気持ちになるためにも、栄養を補給するだけじゃ、ねぇ。いつものスーパーやドラッグストアで、試しに買って、お気に入りを見つけるといいそうです。

そして、「味見を忘れずに!」というのも、なるほど!でした。せっかく備蓄していても、美味しくなて食べられないなら、備えてないのと同じですもんね。試しに買ったら、まず食べてみる。ふだんの献立の一品に加えてみるといい。

他にも、たくさん発見がありました♬ 楽しく備蓄できそうです。どんなのを揃えたか、またご報告します!

備蓄には、食べ物以外にも、必要な物がたくさんあります。

なかなかの量です。収納場所も考えないといけませんね。

 

ちなみに午前は、骨美人になるための食事の摂り方や運動の仕方をお勉強しました。骨密度なんてあまり意識しませんが、女性は女性ホルモンの関係もあり、急カーブを描いて骨密度が下がりやすいので、気をつけないといけない。そこで、食事と運動が大事になります。

食事!やっぱり食事かー。

ダイエットの時と同じで、バランスよくがポイント!カルシウムだけ一生懸命とっても、健康な骨ができるわけじゃないんですね。

 

〜お知らせ〜
【整理収納アドバイザー2級認定講座】

たった6時間で、片付けられる人になります!
これまでの片づけ方では、ダメだった理由がわかります。
リバウンドしない、一生もののお片づけを身につけませんか?

12/1(土)10時〜17時 会場:TRUNK(谷町四丁目駅より徒歩5分)
1/13(日)9時30分〜16時30分 会場:にほんご茶論(日本橋駅より徒歩2分)

詳しくはこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました!
ご質問などあれば、お気軽にお問い合わせください♬

お問い合わせはこちらから


LINEもやってます!

友だち追加

パソコンからは、下記QRコードから飛ぶか、@hxi0921q を検索して友だち追加してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です