後悔ポイントの多い風呂場。棚も鏡も必要ない。

【注文住宅】

わたし、お片づけが好きでも、掃除は好きじゃありません。(ここ最近、こればっかり?スミマセン^^;大掃除モードで、いつもしない掃除をしているせいか、掃除アレルギー発症中です)

いかにして掃除の手間を減らすべく、汚れる箇所を減らしたり、汚れにくい工夫をしたり、落としにくくなる前に掃除したりしています。

お風呂場は、カビとの闘いです。いかに水気を残さないかがポイント。

そこで、シャンプーなどを置いておく棚、とっちゃいました。

棚は、取り外して掃除することを考えての設計でしょうか、簡単にパコッと取り外せます。

シャンプー類は、毎回持って入ります。出るときは、また回収。いわゆる銭湯方式です。

お風呂場に極力モノを置いておかない。水気が貯まるところを減らしてカビがつくところをなくします。これが、掃除をラクにするコツです。

お風呂から上がるとこんな感じ↓

チラッと写真の上の方に写ってますが、実は、排水口カバーも使いません。一応、来客時(お泊まり)はカバーをつけます。汚れていたりゴミがあったりしませんが、このままお風呂に入るのは、慣れてないと危険?!^^;

オープンな分、ゴミは毎日とるし、とりやすいし、掃除もしやすい。排水口のぬめりも最小限にできます。

朝になり、洗濯が終わる頃に、足拭きマットは立てかけます。シャンプーの入ったカゴは、洗濯機の上に移動です。

さて、大後悔ポイントの鏡。設備を決めるときに、風呂場の鏡はいりませんって、言いました。近眼夫婦の風呂場に、鏡は全くもって無用の長物。掃除も面倒。壁を拭くときに邪魔だと常々思っていたので。

だけど「必ずついてきます」というハウスメーカー営業さんの回答でした。そもそも工場での取り付けだから、外せるタイミングがない、むにゃむにゃ…。ホンマかいな?かなり後から知りましたが、風呂の鏡を玄関や他のところで活用している方もいらっしゃいましたよ。

これからリフォームしたり家を建てる方で、風呂掃除をラクしたいという方には、絶対お伝えしたい!

風呂場に鏡が必要か、よく考えてください。わたしはいつかリフォームするなら、鏡も棚もつけません!

ちなみに、ひとり暮らしの時、風呂ふたは使っていませんでした。お湯をためる時もオープン。すぐに入ればそこまで湯気も回りませんでしたよ。冬場なんか、むしろあったかい。ふたを掃除する手間もなくて、いいですよ。

関連記事

 

〜お知らせ〜
【整理収納アドバイザー2級認定講座】

たった6時間で、片付けられる人になります!
これまでの片づけ方では、ダメだった理由がわかります。
リバウンドしない、一生もののお片づけを身につけませんか?

2019年9月28日(土)10:00〜17:00 会場:TRUNK(谷町四丁目駅徒歩5分、堺筋本町駅徒歩6分)
2019年10月27日(日)10:00〜17:00 会場:TRUNK(谷町四丁目駅徒歩5分、堺筋本町駅徒歩6分)
2019年11月24日(日)10:15〜17:15 会場:イオンカルチャークラブ大阪ドームシティ店(大阪メトロ・大阪ドーム前千代崎駅直結、大正駅徒歩7分)
※リクエスト開催も受付中です。お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました!
ご質問などあれば、お気軽にお問い合わせください♬

お問い合わせはこちらから


LINEもやってます!

友だち追加

パソコンからは、下記QRコードから飛ぶか、@hxi0921q を検索して友だち追加してください。

タイトルとURLをコピーしました