勝手に捨ててはいけない。わかっちゃいるが…

・クローゼット

日中は、ほんとポカポカですね。なんと来週は、夏日があるかもですって。

この寒暖差、着る服が困ります。この格好じゃ暑すぎた汗。その翌日の帰り道、寒すぎてダッシュするとか。今の所、幸い元気に走れてます^^;

写真は、今朝の玄関。宅配クリーニングの待機中です。

冬用コートをやっと出します。

家族でも、勝手に捨ててはいけない

さて、クローゼットの衣替え、次は主人のでもするかと、重い腰をあげました。

すると、前回の衣替えで、なぜスルーしたのか、悩ましいヨレヨレTシャツが、数枚。

お気に入りだった?これで、外歩くつもり?部屋着?休日しか家におらん人の部屋着、何枚もいる??

ここで、勝手に捨てるのは、ちょっと待ったー!です。

わたしにはただのヨレヨレTシャツでも、夫にとっては、もしかしたら、大事に思っているモノかもしれない。

実は前にも、当時はまだアドバイザーの勉強してないころ、同じようなことがありました。

引越しのついでに、服を減らそうと一緒に仕分けしていた時のこと。汚いトレーナーやTシャツに限って、「それは学生の頃にイベントで作ったやつやし、置いといて」。もう汚いよ。もう小さくて着れないんだけど。飾ることもない。ただ、本人が大事というから、仕方なく、そのままふだん使いの収納ボックスに入れておきました。

ところが、着ないくせに結構かさばる。これがなかったら、こんな深くて大きい収納ボックスいらんのにな、と、ずっと気になっていました。

使うモノだけで暮らす、快適

整理収納を学び、使うモノだけを、ふだん使いの収納におさめるのが暮らしやすい、と知りました。

やってみると、本当に実感。快適です。前は深くて重たい収納ボックスでしたが、今は、軽い。奥行きも半分、浅い引き出しになり、洗濯物をしまう時も楽チンです。

使わないモノを、暮らしの真ん中から追い出すと、暮らしは快適になります。

なお、先ほどの思い入れのあるモノたちは、【思い出ボックス】行きとなりました。

思い出ボックスは、ふだん開けない、2階のクローゼットにあります。

大事なモノも、いつかは手放せる時がくるかもしれない。それを眺めて気持ちがほっこりしたり、楽しい思い出が蘇ると言うのなら、それは、大事に取っておくべきモノですよね。

さてと、夫が帰ってきたら、例のTシャツのこと、聞いてみようっと。

 

〜お知らせ〜
【整理収納アドバイザー2級認定講座】

たった6時間で、片付けられる人になります!
これまでの片づけ方では、ダメだった理由がわかります。
リバウンドしない、一生もののお片づけを身につけませんか?

2019年10月27日(日)10:00〜17:00 会場:TRUNK(谷町四丁目駅徒歩5分、堺筋本町駅徒歩6分)
2019年11月24日(日)10:15〜17:15 会場:イオンカルチャークラブ大阪ドームシティ店(大阪メトロ・大阪ドーム前千代崎駅直結、大正駅徒歩7分)
2019年12月22日(日)10:00〜17:00 会場:TRUNK(谷町四丁目駅徒歩5分、堺筋本町駅徒歩6分)
※リクエスト開催も受付中です。お気軽にご相談ください。

詳しくはこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました!
ご質問などあれば、お気軽にお問い合わせください♬

お問い合わせはこちらから


LINEもやってます!

友だち追加

パソコンからは、下記QRコードから飛ぶか、@hxi0921q を検索して友だち追加してください。

タイトルとURLをコピーしました